読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バズーカバドミントン。(仮)

いい大人が本気でバドをやってみるブログ

バド復活初日の話。~長期ブランクから復活する人に~

※この記事は2016年9月ごろのお話です※

 

ついに!

やってきました!15年振りのバドミントン。

予想通りというかなんというか、まぁ酷いことになったので、

今後長期ブランクの方が復帰されるときに参考になればと

どんな感じになったかまとめていきたいと思います。

 

1、当たらない

空振りはしなかったんですが、スイートスポットにほぼ当たらず、、、

ふんわりしたドロップや飛ばないクリアー、フォークみたいなスマッシュなど

何じゃこりゃーみたいなショットばかりでした。

 

2、思った通りに動けない

頭ではわかっていても動けない!!

あと自分でもわかるくらい、フットワークがバタバタしてました。

 

3、体力が枯渇する

これが一番の強敵。

2時間ある練習時間のうち、30分基礎打ち、残りがダブルスの

試合形式だったんですが、基礎打ちですでに死に体。

試合形式も入ることには入ったんですが、1ゲーム持たないw

10点ぐらいですでにヤバさMAXでした。

 

4、次の日の体の痛さが尋常じゃない

特にひどかったのは右足の太ももの裏(付け根に近いほう)と、

右肩周り&腕(上腕二頭筋あたり)。

しばらく変な歩き方と左手で髪の毛を洗う生活になりました、、、

 

ということで!

使えるかどうかわかりませんが、久しぶりにバドミントンをされる方向けに

↑こうならないように対策をちょっと考えてみました。

 

1、vs “当たらない”

これは打つ機会がなければ解決はなかなか難しいですね。

ただそれでもフォームがしっかりしていれば空振りまではしないので、

復帰すると決めたら、ある程度素振りをしておくと良いでしょう。

 

2、vs “動けない”

これは頭に体が追い付いていない状態。

普段どれだけ運動しているかがポイントになりそう。

またバドミントンは瞬間の反応や動きが大半なので、

ダッシュや連続ジャンプなど瞬発力を鍛えるような動きをして、慣らしておくと良いかも。

そういう動きの中でも、チャイナステップが体のキレを戻すにはベストかな、と個人的には思います。

ちなみにこのチャイナステップ、復帰してからは毎週の練習メニューに組み込んでいます。全然初動のスピードが違いますよ!!

 

3、vs “体力が枯渇する”

これはランニングorプールで泳ぐですね

運動してなかった人が硬いアスファルトでランニングすると

膝や腰を痛める可能性もあるので、自分はプールを推します。

足や腰などへのダメージを抑えつつも、スタミナ、肺活量を鍛えられるので。

 

4、vs “体の痛み”

実はこれが一番重要だとあとあと感じました。

年齢にもよりますが学生時代と比べると、柔軟性が格段に落ちているので

ケガするリスクが跳ね上がっています。

なので、やる前終わった後はもちろんのこと、

普段からしっかり柔軟やストレッチでケアをしましょう。

柔軟性が高いと打つショットや守備範囲の幅も広くなりますし、

なにより“故障しにくい”というのはスポーツ全般にとってかなり重要な強みですしね。

 

-----------------

初日は本当にボロボロだったけど、逆にバドミントンを真剣にやるために

必要なことが色々わかったので、とても貴重な時間でした。

 

ここからリスタートってことで、体を癒しつつ、

練習方法など真剣に考えていきたいと思います。

 

では今日はここらへんで。

読んでくれてありがとうございました。

 

あちこま