読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バズーカバドミントン。(仮)

いい大人が本気でバドをやってみるブログ

フィアースを張り替えた話。~横糸のテンションについて~

とあるネット通販のガット無料張りで買った、フィアース CX9000J チェリーブロッサム

縦横同じ、23ポンドで張ってもらったのですが、縦が若干つぶれ、ただでさえ丸めのフォルムなのにさらにまん丸になって送られてきました、、、

もったいないのでしばらく使っていましたが、やっぱりラケットにあまり良くないのとそんな変な状態のフィアースに慣れたくなかったので、1週間ぐらい後に近くのショップで張り替えてもらうことにしました。

 

バド&テニスの専門店だったので、お店の方に事情を話し相談したところ、フィアースなら何回か張ったことがあるとのこと。

既出ですがウィルソンって公式ページに張り方を載せてはいるのですが、縦と横のテンションの差についての言及が無く、、、PDFにはレコンシリーズは横は縦のテンション+2ポンドで張ってねって書いているんですけどね、、、

 Stringing | ウイルソン スポーティンググッズ オフィシャルサイト | Wilson Sporting Goods – Official Website

 

最終的に経験にお任せ、ということでこんな感じで張ることにしました。

ガット  : BG66アルティマックス

テンション: 縦22 横23

※0.65ミリなのと、推奨テンションが23までなので、前回よりマイナス1ポンドにしました。

 

さっそく翌日に取りに。

ん、形もバッチリだし、音も良い。

そのまま打ちに行きましたが、前より反発力と打った時の音が若干高くなった感じで気持ち良い打感。

まぁこれはガットの違いっぽいですけど、全然OK。結果、フィアースは、

横のテンション = 縦プラス1ポンド

で張るとよさそうです!

 

しかももういっこびっくりしたのが料金。

なんと800円(税込)!!クレカを作らなくてもこの値段。

コレはヘビロテ確定ですわ。

 

とりあえずこれで安心してフィアースを使い込めるので、これからバシバシ使っていきたいと思います。

 

それではまた。

読んでくれてありがとうございました。

 

あちこま